トップページ > 20代の抜け毛・薄毛事情 > 20代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

20代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

髪に悪い生活習慣送ってませんか?


20代で老化現象として抜け毛が増えたり、薄毛になるということはちょっと考えにくいです。病気や薬の副作用、出産の影響で抜け毛が増えたり、髪が薄くなることはありますが、ある意味それは特殊なケースです。


それら特殊なケースを除いて、20代で抜け毛が増えたり、薄毛になってしまう原因を考えてみると、次のようなものが思い浮かびます。


 栄養の偏った食生活(極端なダイエットやインスタント食品の多量摂取など)
 睡眠不足
 過度なヘアケア(パーマやヘアカラー)
 牽引性脱毛症(髪の毛を強く引っ張るヘアスタイルやヘアケア)
 生まれつき髪の質が悪い(細い、色が薄いなど)


があります。見ての通り、生活習慣の影響が強いです。


話を聞いた皮膚科の先生によると若い世代の抜け毛・薄毛の1番原因はダイエットだそうです。食事を抜いたり、カロリーの低いひとつの食品ばかりを食べる極端なダイエットなどは、髪の栄養不足と頭皮の血行不良を招くため一番影響がでるんだとか。


また、こうしたダイエットの影響でハリやツヤがなくなった髪を何とかしようとシャンプーやコンディショナー、トリートメントで必死にケアすることがさらに髪と頭皮に乾燥とダメージを与えてしまうこともあり、抜け毛や薄毛を促進しているケースも多いそうですから気をつけたほうがいいですよ。