トップページ > 30代の抜け毛・薄毛事情 > 30代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

30代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

髪にも少しづつ老化の兆しが.....


女性は、30代ごろから生えてくる髪の変化を感じるようになります。30代前半では白髪がちらほら目立つようになり、30代後半にかけて毛根に栄養や酸素を運ぶ機能も徐々に衰えてくるため、毛髪が痩せて細くなり、その結果としてハリ・コシがなくなってきます。


女性ホルモン的な観点からいうと30代前半はホルモンバランスが一番安定している時期なので、髪もハリ・コシがあり、きれいなはずですが、実際は仕事や家事、育児のストレスが重なる時期でもあるので、抜け毛、薄毛が気になるという人のほうが多いかもしれません。


また、30代は白髪が目立ちはじめるということで、それをごまかすためのパーマやヘアカラーの頻度も増えると思います。ただ、髪や頭皮のことを考えると繰り返しパーマやカラーをすることは髪を脆くし、抜け毛を増やす原因になります。髪のためを思うならトリートメントタイプの白髪染めを使ったほうがいいかもしれませんね。


30代後半までは、抜け毛や薄毛もまだ老化というより生活習慣やストレスの影響を受けているケースがほとんどだと思います。頭皮が乾燥していたり、血行不良によって髪や地肌に栄養が十分に行き渡っていないことが考えられるので、毎日のケアでは血行を促進して、毛根へ十分な栄養を与えることを意識するようにしましょう。