トップページ > 40代・50代以降の抜け毛・薄毛対策 > 40代・50代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

40代・50代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

薄毛が本格化!ヘアケアがより重要に


女性の髪の太さは30代後半がピーク。それ以降は女性ホルモンの減少が続き、閉経、更年期を経て髪がどんどん痩せて細くなってきます。ボリュームがなくなって髪型も思うように決まらなくなり、悲しい思いをすることも(泣)。


40代・50代というのは女性特有の頭頂部を中心に髪の毛の密度が減ってつむじや分け目が目立つようになる「女性型脱毛症」あるいは「びまん性脱毛症」と呼ばれる薄毛の症状が出始める年代です。


20代、30代の抜け毛・薄毛はそのほとんどが生活習慣に原因がありますが、40代・50代以降は一転して加齢からくる髪や頭皮の乾燥や血行不良、そして女性ホルモンのバランスが崩れることが抜け毛・薄毛の原因になります。


加齢という自然現象が原因なので対策しようにもなすすべがないように思いがちですが、肌にエイジングケアがあるように髪も毎日のケアを心がけるだけでだいぶ結果が違ってきます。女性用育毛剤で乾燥と血行不良を改善するのもそうですし、毎日のシャンプーを1日おきにする(→頭皮の乾燥を防げます。)頭皮マッサージをして血流を促進するだけでも5年後、10年後に差がでてくるはずです。


20代や30代からしっかり育毛ケアして手をかけていれば、髪のエイジングもそれだけ遅らせることができますが、40代、50代になった今からはじめるというのであっても女性の薄毛は男性の薄毛と違ってリカバリーできるので遅くありません。女性ホルモンが減少しても豊かな髪で得られるかどうかは日々の心がけ次第だということです。